排水管の水漏れ時にホースをチェックする

排水管 水漏れが起こると、すぐ修理する必要があります。家の中の排水管は、ホースの形状や種類も異なり様々な修理方法が存在します。家族が使い方を考え、排水管 水漏れが起きにくいように日ごろから工夫することが大切です。

■ホースの種類

ホースと一言でいっても、使う場所や用途によって違いがあります。硬化ビニールやプラスチックという材質は、硬くて劣化が起きにくく、排水管によく使われます。一方で、形状によっては詰まってしまうことも考えられます。
少し柔らかいタイプの材質を使った排水管もあります。厚めのプラスチック、ゴム製のタイプは柔らかいので形状を自由に変更することができ、流しやすいという特徴がみられます。しかしながらどれも消耗品なのでホースにも寿命があり劣化するものです。水漏れが本格的に起こる前に、部品交換を考えます。

■日ごろから使用の仕方を考える

排水管 水漏れや詰まりを起こさないように、家族みんなが使うときに、使用方法を気を付けておくことができます。
例えばお風呂場や洗面所です。髪の毛が落ちやすい場所なので、排水口に紙詰まりを防ぐネットを置いておきます。時々ゴミや髪の毛を取り除きます。キッチンは野菜や、ちょっとした油の残りを捨ててしまいがちなので、これらを直接排水口に流さないようにします。三角コーナーを置いたりしておくのも良い方法です。水回りを使わないときに、時々パイプクリーナーなどで、きちんと掃除をすることもできます。

■まとめ
ホースの材質や形状を見ておきます。固形物や水に溶けないものを流さないよう、自分だけではなく家族も知っておくことが大切です。髪の毛、野菜のくずなどうっかり流しやすい場所には、ネットを付けるなどの工夫ができます。パイプクリーナーといった、目に見えないところをしっかり掃除してくれる道具を使う方法もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ